冷え性と低体温症は別物

冷え性と低体温症は別物

『冷え性』と『低体温症』…。
どちらも、体の温度が下がり、体が冷たくなるという認識がありますが、ふたつは全く異なる状態を意味します。

 

冷え性と低体温症の違いを簡単に説明しますね。

 

『冷え性』とは……血流が悪くなり、手や足に血液がめぐらない状態。それにより、冷えてしまう。その他の部位は温かいことが多く、体温も正常である。

 

『低体温症』とは……内臓の温度が正常よりも低い状態を指す。直腸温が35度以下の場合が低体温と言う。

 

内臓の温度は37度前後とされていますが、これを下回ると「低体温」ということになります。
低体温は生活習慣によって起こることもありますが、病気なケースもあります。
たとえば、冬場に冷たい池や海に誤って落ちてしまうことで内臓が冷えてしまうケースもあります。何らかの拍子に気絶し、冷たい場所で眠ってしまう状況によっても、低体温になります。これらが、病的な低体温です。
病的な低体温の場合は、温かいお風呂に入ったり、毛布を何枚重ねもして温めないと体温が戻りません。
生活習慣の場合は、原因を改善することで低体温も改善に向かいます。
低体温症は軽重度がありますが、重度の場合、もっとも低体温となった場合は、死を意味します。

 

一方、冷え性は血行不良は根本的な原因です。血行促進を意識することで、症状を改善することができます。
冷え性と低体温症では、全く異なるので正しい知識をつけておきましょう。