冷え性の原因はストレスかも

冷え性の原因はストレスかも

現代社会は「ストレス社会」とも言われていますね。
職場で、はたまた家庭で、さまざまな環境でストレスを感じていませんか?
ストレスを感じない人はほとんど居ません。少なからず、感じるものです。
しかし、ストレスが大きくなると体にさまざまな影響が起こります。
たとえば、精神的な病気もストレスが原因ですね。
精神的な病気だけが、ストレスによるものではありません。
冷え性も、ストレスと密接な関係にあります。

 

ストレスが大きくなると、『自律神経』が乱れてしまいます。
自律神経は私たちの体の機能に欠かせない神経です。
自律神経は血管をコントロールする役割もあります。そのコントロールがおかしくなると、血液の循環が悪くなります。
それによって、冷え性が発生してしまいます。
冷え性の原因がストレスと言われるのは、自律神経を通じてのことです。
もし、ストレスが体が冷える原因であれば、他の改善法(マッサージや食事)では、あまり効果が発揮されません。

 

ストレスを減らし、体への負担を軽くしていれば、冷え性を引き起こすこともありません(ストレスが要因のもの)。
ただ、ストレスを避けることは難しいのが実情です。
なので、上手にストレスを向き合いましょう。

 

ストレスを感じることが無理なら、上手に発散していけばいいのです。
家族や友達に相談する、匿名性のSNSで愚痴を聞いてもらう、なんでもどこでも構いません。自分のストレスや悩みを減らせる場所で、吐きだしましょう。
好きな趣味を楽しむ、スポーツで汗を流す、このような解消法も有効です。
とにかく、自分の重荷になるストレスを解消しましょう。
ストレスが大きくなると、冷え性だけでは留まりません。その他の病気を予防する意味でも、上手に闘っていきましょう!