冷え性改善の食生活

冷え性改善の食生活

規則正しい食生活を送れていますか?
この質問に「No」と答える人は多いと思います。私もそうですから(苦笑)
毎日毎日忙しいと、食事は疎かになりますね。これは仕方ありません。
ただ、そこを少〜し工夫するだけで、冷え性を改善する大きな一歩になります。

 

とくに夏場は、冷たいものを食べたくなりませんか??
アイスだったり、冷たいお蕎麦やそうめん。
冷たくてあっさりしているものを欲しますが、冷え性を悪化させてしまうかもしれません。
冷え性改善のためには、ずばり『冷たい物はダメ!』です。
当然のことですが、冷たい物を摂ると体の温度が低下してしまいます。
私たち人間の内臓の温度が、一気に降下してしまいます。すると、体の機能は本能的に内臓を正常な温度に戻そうと、血液を送りはじめます。
内臓を優先するので、手や足などに血液が届かなくなります。
これによって、手や足の冷えが起こります。
夏に限らず、極端に冷えた物は避けるべき!
冷蔵庫から取り出したばかりの飲み物や食べ物はおすすめできません。

 

他にも、食生活の中に冷え性改善のポイントがあります。
たとえば、サラダです。
女性なら、栄養素を意識してサラダを食べることが多いのでは?
生野菜はビタミンなどの栄養素が豊富です。加熱すると栄養素が壊れてしまうので生野菜が美容にはいいと言われています。
しかし、冷たい生野菜は冷え性改善には向いていません。
ある程度の栄養素は壊れてしまうものの、温野菜の方が体のためです。
矛盾しているようですが、冷え性改善のためなら温野菜をおすすめします。

 

また、毎日の食事でごく身近な『砂糖』にも問題があります。
甘い物を摂らなくても、料理にはよく使われている調味料です。
意識したことがない人も多いと思いますが、砂糖には種類があり、その中には体を冷やしてしまうものもあります。
それが、「白糖」です。人工的に作られた白糖は体を冷やしやすいので、黒糖やキビ砂糖などの種類が冷え性にはいい素材です。

 

冷え症は血行とも関連しているので、血液をサラサラにする食事も一押しです。
サラサラにするのは、魚です。魚に含まれる脂質は良質です。不飽和脂肪酸などが血液サラサラをサポートします。逆に、お肉の動物性脂肪は血液をドロドロにしやすいです。
肉よりは魚、まぁどちらもバランスよく食べていれば問題ありません。
それから、冷え性に良いと言われる代表格の生姜も、もちろん冷え性改善の食事に向いています。

 

冷え性に悩んでいるなら、まずは身近な食生活を見直してみましょう!
ポイントを踏まえて改善しながら、サプリメントやマッサージを併用すると、効率的に冷え性改善が行えます。